もくじ

INDEX

もくじ

CLOSE

コア・コンピタンス経営を実践するための武器

  • 会計
  • アウトソーシング

2021年06月21日

アウトソーシングが注目されてくるようになったきっかけは、企業がコアな業務に特化して、ノンコアな業務を外部に委託するというコア・コンピタンス経営とも無縁ではありません。業務を実施する人という視点で考えた場合、コア業務は、どうしても社内の人間でしかできない、あるいは実施すべきである業務なのに対して、ノンコア業務は、社内の人間が管理さえすれば、外部の力を借りても出来る業務という風に区分することもできます。つまり自社にとって必ずしも重要でないノンコア業務は、より専門性の高い外部の会社に委託して、その結果自社の経営効率をあげていったのです。

もくじ

INDEX

コア・コンピタンス経営を実践するための武器として注目されている

専門会社への委託

アウトソーシングが注目されてくるようになったきっかけは、企業がコアな業務に特化して、ノンコアな業務を外部に委託するというコア・コンピタンス経営とも無縁ではありません。

ここで、コア業務とは、競合他社に対して競争優位性を獲得するためになされる業務、すなわち本業のことを言います。
これに対してノンコア業務とは、コア業務以外の業務のことをさし、実施したところで他社に対して競争優位性を獲得できないような業務を言います。

そして、業務を実施する人という視点で考えた場合、コア業務は、どうしても社内の人間でしかできない、あるいは実施すべきである業務なのに対して、ノンコア業務は、社内の人間が管理さえすれば、外部の力を借りても出来る業務という風に区分することもできます。

アメリカにおける製造業の復活やEDS社の台頭の過程でアウトソーシングが活用されましたが、ノンコア業務を外部にアウトソーシングする企業の側から考えた場合、

  • 自分たちでなくても出来る業務は外部にお願いしよう
  • 外部でも専門会社に頼めば質的に高いものが提供されるだろう
  • 専門会社だからスピーディーな対応が期待できるだろう

といったことを期待していたことでしょう。

つまり自社にとって必ずしも重要でないノンコア業務は、より専門性の高い外部の会社に委託して、その結果自社の経営効率をあげていったのです。
スマートフォンで世界市場を席巻しているアメリカのアップル社も自社では製品の企画、開発、マーケティングなど重要と考えられる業務を中心に行って、部品の製造や組み立てなどは、外部の専門会社に委託して高い経営効率を確保しています。

自社で多くの工場を保有すればそれだけ多額の投資が必要になりますが、外部に委託することによって、設備投資が必要なくなり、資金効率もよくなるのです。

逆に言えば、アップルの周りにはたくさんのアウトソーシング会社が存在しているのです。
ただし、アップルから仕事をもらうためには、品質面、スピード面、コスト面ともに一定水準以上でなければなりませんので、各社しのぎを削ってアップルから委託されるべく改善・改革を行っています。

コア業務特化への特効薬

かつては、全ての業務は自社でこなして、他社には一切依存しないという経営スタイルもありました。
しかし、これほどまでに時代のスピードが速い時代に、得意でない分野を自社でやり続けることは、経営の非効率を生むことになってしまいます。

ですから、経営効率を高めて市場で残っていくには、次の2点を実践することが重要となってきているのです。

  • 自社の強みはどんどん活かす
  • 自社の弱みや自社の強みとするほどでない業務は専門的な他社に委託する

このようなコアな業務に特化できる体制を支えるための道具としてアウトソーシングは近年非常に注目されてきているのです。

お問合せについて

運営会社:CSアカウンティング株式会社
お問合せ:CSアカウンティングお問い合わせフォーム

 

コア・コンピタンス経営を実践するための武器として注目されている

専門会社への委託

アウトソーシングが注目されてくるようになったきっかけは、企業がコアな業務に特化して、ノンコアな業務を外部に委託するというコア・コンピタンス経営とも無縁ではありません。

ここで、コア業務とは、競合他社に対して競争優位性を獲得するためになされる業務、すなわち本業のことを言います。
これに対してノンコア業務とは、コア業務以外の業務のことをさし、実施したところで他社に対して競争優位性を獲得できないような業務を言います。

そして、業務を実施する人という視点で考えた場合、コア業務は、どうしても社内の人間でしかできない、あるいは実施すべきである業務なのに対して、ノンコア業務は、社内の人間が管理さえすれば、外部の力を借りても出来る業務という風に区分することもできます。

アメリカにおける製造業の復活やEDS社の台頭の過程でアウトソーシングが活用されましたが、ノンコア業務を外部にアウトソーシングする企業の側から考えた場合、

  • 自分たちでなくても出来る業務は外部にお願いしよう
  • 外部でも専門会社に頼めば質的に高いものが提供されるだろう
  • 専門会社だからスピーディーな対応が期待できるだろう

といったことを期待していたことでしょう。

つまり自社にとって必ずしも重要でないノンコア業務は、より専門性の高い外部の会社に委託して、その結果自社の経営効率をあげていったのです。
スマートフォンで世界市場を席巻しているアメリカのアップル社も自社では製品の企画、開発、マーケティングなど重要と考えられる業務を中心に行って、部品の製造や組み立てなどは、外部の専門会社に委託して高い経営効率を確保しています。

自社で多くの工場を保有すればそれだけ多額の投資が必要になりますが、外部に委託することによって、設備投資が必要なくなり、資金効率もよくなるのです。

逆に言えば、アップルの周りにはたくさんのアウトソーシング会社が存在しているのです。
ただし、アップルから仕事をもらうためには、品質面、スピード面、コスト面ともに一定水準以上でなければなりませんので、各社しのぎを削ってアップルから委託されるべく改善・改革を行っています。

コア業務特化への特効薬

かつては、全ての業務は自社でこなして、他社には一切依存しないという経営スタイルもありました。
しかし、これほどまでに時代のスピードが速い時代に、得意でない分野を自社でやり続けることは、経営の非効率を生むことになってしまいます。

ですから、経営効率を高めて市場で残っていくには、次の2点を実践することが重要となってきているのです。

  • 自社の強みはどんどん活かす
  • 自社の弱みや自社の強みとするほどでない業務は専門的な他社に委託する

このようなコアな業務に特化できる体制を支えるための道具としてアウトソーシングは近年非常に注目されてきているのです。

お問合せについて

運営会社:CSアカウンティング株式会社
お問合せ:CSアカウンティングお問い合わせフォーム